不貞行為(不倫・浮気)の証拠の集め方

小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)|不貞行為(不倫・浮気)の証拠の集め方

不貞行為(不倫・浮気)の証拠の集め方

調停や裁判を通じて配偶者の不貞行為(不倫・浮気)を理由に離婚したい場合は、配偶者に不貞行為があったとの証拠が必要です。ここでは、役に立つ証拠と、証拠の集め方について解説します。

■あると役に立つ証拠
具体的には次のものが挙げられます。

・ラブホテルに出入りしている様子を撮影した写真など
・ホテルや旅行、相手方宅に宿泊したなど、浮気・不倫を連想させるSNS(フェイスブック、ツイッター、LINEなど)、メール、DM、手紙など
・通話履歴
・性交渉時に使用する避妊具、道具など
・ホテル・旅館等の領収書、カードの利用明細書
・交通機関のICカードの利用履歴、カーナビの履歴、GPS記録
・第三者の証言(職場関係者など)
・探偵事務所・興信所の調査報告書

ただし、証拠集めの際に、例えば不倫相手の自宅に盗聴器を仕掛ける、所持品を勝手に持ち帰るなど、違法行為を行ってはいけません。刑事告訴を受ける場合もあるので、適法な範囲内で証拠集めをしましょう。

また証拠のうち、メールや手紙などは改ざんされやすく、証拠として弱い場合もあるので、注意が必要です。

■証拠の集め方
上記の証拠は自分で入手することが困難なケースも考えられます。また、一見すると証拠になりそうなものでも、裁判では、ほとんど証拠価値のない(「配偶者の肉体関係を証明」することができない)と判断されるものもあります。

そのため専門家に相談することも検討してみましょう。興信所などを検討する場合は、料金がかさむ場合もあるので、事前に報酬体系を把握しておくことをおすすめします。

小川昌宏法律事務所は、東京都港区をはじめ、東京23区、神奈川県、千葉県などを中心に、離婚をめぐるさまざまなご相談を承ります。
当事務所は、ご依頼者様の話にしっかりと耳を傾け、「我が家の顧問弁護士」として安心してご相談できるよう、常に真摯な姿勢で問題解決に取り組みます。
離婚に関してお悩みの際は、当事務所までご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

小川昌宏法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 著作権法著作権法

    著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作...

  • 著作権侵害と時効著作権侵害と時効

    イラスト・キャラクター・写真・インターネットの著作権侵害については...

  • 不貞行為(不倫・浮気)の証拠の集め方不貞行為(不倫・浮...

    調停や裁判を通じて配偶者の不貞行為(不倫・浮気)を理由に離婚したい...

  • みなし相続財産みなし相続財産

    みなし相続財産とは、相続人の死亡を原因として発生する相続財産のことです。

  • 商標商標

    商標権とは、商品・サービスに付ける名称・シンボルマークといった営業...

  • 遺産相続遺産相続

    相続問題は早めに専門家に相談し、適切な対策をとることが大きなトラブ...

  • 企業法務企業法務

    企業法務とは、企業法務の仕事としてまず挙げられるのは、法的トラブル...

  • 著作権は相続財産になるか著作権は相続財産になるか

    著作権とは、知的財産権の一種で著作物に対する権利のことをいいます。...

  • 別居 生活費別居 生活費

    夫婦には、お互いの通常な社会的生活を維持するために必要な婚姻費用を...

| 足立区 | 荒川区 | 板橋区 | 江戸川区 | 大田区 | 葛飾区 | 北区 | 江東区 | 品川区 | 渋谷区 | 新宿区 | 杉並区 |

| 墨田区 | 世田谷区 | 台東区 | 中央区 | 千代田区 | 豊島区 | 中野区 | 練馬区 | 文京区 | 港区 | 目黒区 |

不貞行為(不倫・浮気)の証拠の集め方|小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)

ページトップへ