離婚調停 弁護士

小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)|離婚調停 弁護士

離婚調停 弁護士

最近は、離婚裁判になる前の段階から弁護士へ依頼をするケースが増えています。早い段階で弁護士へ依頼するメリットの一つは、先を見通しながら交渉を有利に進められる点です。また、弁護士に代理人として相手と交渉してもらうことで、離婚手続きにかかる時間的・精神的な負担を抑えることもできます。そのほか、通常は協議離婚が成立しにくいケースでも離婚手続きの初期段階から弁護士が介入することで、調停をせずに済む場合もあります。離婚手続きでわからないことや不安がある場合は、離婚問題に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

小川昌宏法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 特許特許

    特許権とは、発明を保護するための権利をいいます。特許権は、創作によ...

  • 相続欠格相続欠格

    相続欠格とは、相続する権利を失うことをいいます。

  • 代償分割代償分割

    代償分割とは、複数いる相続人のうち一部の人が遺産を相続し、他の相続...

  • Tiktokの動画で著作権侵害になるケースとはTiktokの動画...

    ショートムービー型のSNSアプリ「TikTok」は若者を中心に多数...

  • 慰謝料・財産分与慰謝料・財産分与

    慰謝料も財産分与も、離婚に関係して、一方の配偶者からもう一方の配偶...

  • 検認検認

    検認とは、遺言書の形式や状態、中身などを確認し、遺言書の偽造や改変...

  • 壬申戸籍壬申戸籍

    壬申戸籍とは、明治4年に施行された戸籍法に基づいて、明治5年に編纂...

  • 著作権法著作権法

    著作権法は、著作物の創作者である著作者に著作権(著作財産権)や著作...

  • 商標商標

    商標権とは、商品・サービスに付ける名称・シンボルマークといった営業...

| 足立区 | 荒川区 | 板橋区 | 江戸川区 | 大田区 | 葛飾区 | 北区 | 江東区 | 品川区 | 渋谷区 | 新宿区 | 杉並区 |

| 墨田区 | 世田谷区 | 台東区 | 中央区 | 千代田区 | 豊島区 | 中野区 | 練馬区 | 文京区 | 港区 | 目黒区 |

離婚調停 弁護士|小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)

ページトップへ