離婚調停不成立

小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)|離婚調停不成立

離婚調停不成立

離婚調停でも離婚が成立しなかった場合は、審判に進む事になります。

■離婚調停が終了する場合
・離婚の成立
調停による話し合いで双方が合意し、調停委員が離婚するのが妥当と認めた場合、調停が成立します。
・離婚調停の不調
調停での話し合いでは解決しそうになく、裁判所が調停を長引かせても無意味であると判断した場合、調停は不成立となり、裁判官が双方の意見をまとめ不調調書を作成します。
離婚調停が不成立となると、親権など子の監護に関する事項や財産分与が付帯して審理されていたとしても同時に終了します。
一方で、婚姻費用分担調停が離婚調停と同時に申し立てられていた場合、婚姻費用分担調停は離婚調停と独立した手続きと考えられているため、離婚調停手続きとは独立して審判に移行します。
なお、調停の不成立については不服を申し立てる手段がありません。不成立が嫌な場合には、一定の譲歩を見せるなど、離婚調停が成立する見込みがある事を調停委員にアピールする必要があります。

・申し立ての取り下げ
申立人が調停を取り下げたければ、いつでも取り下げることが可能です。明文上の規定はありませんが、申立自体が当事者の意思に基づくものである以上、その取下げも自由にできるものと理解されています。調停の申し立ての取下げがなされると、初めから手続き自体がなかったものとして扱われます。また、一度調停を取り下げても、再度調停を申し立てることは可能です。その場合には裁判所へ取下書を提出します。この場合、相手方の同意・取り下げ理由は不要です。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

小川昌宏法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 企業法務企業法務

    企業法務とは、企業法務の仕事としてまず挙げられるのは、法的トラブル...

  • 離婚 理由離婚 理由

    2013年の司法統計によると、男女ともに離婚理由として最も多く挙げ...

  • 商標商標

    商標権とは、商品・サービスに付ける名称・シンボルマークといった営業...

  • 親権と監護権親権と監護権

    親権には、「身上監護権」と「財産管理権」の二種類があります。

  • みなし相続財産みなし相続財産

    みなし相続財産とは、相続人の死亡を原因として発生する相続財産のことです。

  • 遺言執行者遺言執行者

    遺言執行者とは、亡くなった方の遺言に基づいて遺言内容の実現のために...

  • 生前贈与生前贈与

    生前贈与とは、亡くなる前に贈与を行ない、亡くなった後に発生する相続...

  • 遺産相続 確定申告遺産相続 確定申告

    当事務所では、相続人同士での遺産分割の調整のサポートや、税理士と連...

  • 協議離婚 弁護士協議離婚 弁護士

    協議離婚は、日本で最も一般的な離婚手続きの方法です。

| 足立区 | 荒川区 | 板橋区 | 江戸川区 | 大田区 | 葛飾区 | 北区 | 江東区 | 品川区 | 渋谷区 | 新宿区 | 杉並区 |

| 墨田区 | 世田谷区 | 台東区 | 中央区 | 千代田区 | 豊島区 | 中野区 | 練馬区 | 文京区 | 港区 | 目黒区 |

離婚調停不成立|小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)

ページトップへ