親権 父親

小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)|親権 父親

親権 父親

夫婦のどちらが親権を持つかは、家庭裁判所が子の福祉を考えたうえで決定します。判断する際の基準となるのは、今までの子育てへの貢献度や子どもとの同居期間の長さ、子どもの意思などです。親権は母親が獲得する場合が多く、司法統計を見ても父親が親権を獲得するケースは1割程度にとどまっています。特に子どもが小さい場合は、母親が親権を獲得することが多いです。男性がお子さんの親権を取りたいとお考えの場合には、裁判官に対して自身の親権者としての適性をしっかりと伝えることが重要です。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

小川昌宏法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 調停離婚調停離婚

    夫婦での離婚の話し合いがうまくいかない場合は、調停離婚を利用するこ...

  • 離婚協議書離婚協議書

    協議離婚の場合、離婚届を提出する前に財産分与や慰謝料、子供がいる場...

  • 遺留分減殺請求遺留分減殺請求

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取れる相続分のことです。

  • 企業法務企業法務

    企業法務とは、企業法務の仕事としてまず挙げられるのは、法的トラブル...

  • 企業法務 弁護士企業法務 弁護士

    当法律事務所では、各種契約書の作成・チェック等やコンプライアンス対...

  • 相続欠格相続欠格

    相続欠格とは、相続する権利を失うことをいいます。

  • 親権 父親親権 父親

    夫婦のどちらが親権を持つかは、家庭裁判所が子の福祉を考えたうえで決...

  • 数次相続数次相続

    数次相続とは、被相続人の死亡を原因とした相続が開始され、遺産分割協...

  • 相次相続控除相次相続控除

    相次相続控除とは、相次いだ相続の発生に適用される相続税の控除のこと...

| 足立区 | 荒川区 | 板橋区 | 江戸川区 | 大田区 | 葛飾区 | 北区 | 江東区 | 品川区 | 渋谷区 | 新宿区 | 杉並区 |

| 墨田区 | 世田谷区 | 台東区 | 中央区 | 千代田区 | 豊島区 | 中野区 | 練馬区 | 文京区 | 港区 | 目黒区 |

親権 父親|小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)

ページトップへ