遺産分割

小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)|遺産分割

遺産分割

遺産分割とは、故人の相続財産の相続分を決める手続きのことです。
遺産分割の手続きは、相続財産を調べることから始まります。このとき、相続財産には預貯金や土地などの不動産、有価証券などのプラスの財産から、借金などの債務まで含まれるため注意が必要です。ただし、お墓や仏壇などの祭祀財産は遺産相続の対象にはならず、家督相続人などが相続財産とは別に引き継ぐことができます。
一般的に、マイナスの財産が多い場合には「相続放棄」の手続きを行ない、プラスの財産が多い場合には「単純承認」の手続きを行ないます。プラスの財産が多いのかマイナスの財産が多いのかわからない場合には「限定承認」の手続きを行ない、プラスの財産が多い場合には相続し、マイナスの財産が多い場合には相続放棄を行ないます。これらの手続きは、自分に相続が発生していることを知った時から3か月が期限なので3か月以内に手続きをする必要があります。
また、まれに非嫡出子が相続に関わる場合があります。非嫡出子とは、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子供のことです。仮に、被相続人に非嫡出子が存在した場合には、被相続人が認知していれば相続権が発生し、認知していなければ相続権は発生しません。
相続財産の調査と相続人の調査が終わると、相続人同士で遺産分割について話し合いを行ないます。これを遺産分割協議といいます。それぞれの家族によって相続分は異なりますが、一般的には法定相続分で法定相続人が遺産相続することが多いようです。法定相続人の範囲には、被相続人の配偶者は必ず含まれ、他の家族には相続順位が定められており、法定相続人に該当するかどうかは家族構成などによって異なります。相続順位は、第一順位が子や孫などの直系卑属、第二順位が親などの直系尊属、第三順位が兄弟姉妹となっています。配偶者は例外的に常に相続人となります。遺産分割協議が終わると、遺産分割協議書の作成を行ないます。遺産分割協議書の文例は弁護士などの専門家が持っており、基本的には専門家が協議内容に基づいて作成します。
遺産分割協議書の作成を終えると、不動産の相続登記や相続税の申告などの手続きを期限内に行ない、相続は終了します。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

小川昌宏法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 遺言執行者遺言執行者

    遺言執行者とは、亡くなった方の遺言に基づいて遺言内容の実現のために...

  • 形見分け形見分け

    形見分けとは、故人が生前に使用していた物を親族やごく親しい人に分け...

  • 数次相続数次相続

    数次相続とは、被相続人の死亡を原因とした相続が開始され、遺産分割協...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、相続が開始する前に相続人が死亡している場合にその相続...

  • 遺産相続遺産相続

    相続問題は早めに専門家に相談し、適切な対策をとることが大きなトラブ...

  • 遺産分割協議書 預金遺産分割協議書 預金

    銀行などで預金を被相続人から相続人へ移動する際には、基本的には遺産...

  • 慰謝料・財産分与慰謝料・財産分与

    慰謝料も財産分与も、離婚に関係して、一方の配偶者からもう一方の配偶...

  • 相続手続き期限相続手続き期限

    相続開始時の手続きとスケジュール ◆葬儀・法要に関する手続き ・...

  • 家督相続家督相続

    家督相続とは、家の跡継ぎ(一般的には長男)が戸主の地位を被相続人か...

| 足立区 | 荒川区 | 板橋区 | 江戸川区 | 大田区 | 葛飾区 | 北区 | 江東区 | 品川区 | 渋谷区 | 新宿区 | 杉並区 |

| 墨田区 | 世田谷区 | 台東区 | 中央区 | 千代田区 | 豊島区 | 中野区 | 練馬区 | 文京区 | 港区 | 目黒区 |

遺産分割|小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)

ページトップへ