形見分け

小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)|形見分け

形見分け

形見分けとは、故人が生前に使用していた物を親族やごく親しい人に分けることです。
形見分けは様々な家庭で行なわれるごく一般的な風習ですが、形見分けをする際に注意する必要がある場合もあります。それは、故人の借金などが原因で相続放棄の手続きを行なう場合です。相続放棄を行なうにもかかわらず、限度を超える形見分けをした場合には相続放棄を行なわず単純承認を行ない、相続することにしたと見なされてしまうためです。少々厄介な法律ですが、この単純承認したと見なされてしまう理由のことを単純承認事由といいます。基本的に、交換価値のない物や、わずかな物を形見分けすることは単純承認事由にあたりませんが、それ以上のものを形見分けした場合(たとえば、衣服をすべて持ち去った場合)には単純承認事由にあたるとされています。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

小川昌宏法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 親権と監護権親権と監護権

    親権には、「身上監護権」と「財産管理権」の二種類があります。

  • 著作権侵害と時効著作権侵害と時効

    イラスト・キャラクター・写真・インターネットの著作権侵害については...

  • 不貞行為不貞行為

    婚姻関係にある男女は、互いに貞操義務を負います。

  • 数次相続数次相続

    数次相続とは、被相続人の死亡を原因とした相続が開始され、遺産分割協...

  • 足立区の企業法務は弁護士小川昌宏にご相談ください足立区の企業法務は...

    企業をサポートする弁護士業務として、企業法務というものがあります。...

  • 離婚協議書 公正証書離婚協議書 公正証書

    離婚協議で合意に達した場合は、離婚の際の条件や慰謝料、養育費などに...

  • 著作権侵害にあたる事例紹介著作権侵害にあたる...

    著作物を無断で複製、改変して販売・頒布したりすれば、著作権侵害とな...

  • 遺産分割協議書遺産分割協議書

    遺産分割協議書とは、遺産相続の際に遺産分割協議を行ない、決まった相...

  • 著作物とは著作物とは

    著作物とは、著作権の対象となる知的財産のことをいい、著作権法上の定...

| 足立区 | 荒川区 | 板橋区 | 江戸川区 | 大田区 | 葛飾区 | 北区 | 江東区 | 品川区 | 渋谷区 | 新宿区 | 杉並区 |

| 墨田区 | 世田谷区 | 台東区 | 中央区 | 千代田区 | 豊島区 | 中野区 | 練馬区 | 文京区 | 港区 | 目黒区 |

形見分け|小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)

ページトップへ