形見分け

小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)|形見分け

形見分け

形見分けとは、故人が生前に使用していた物を親族やごく親しい人に分けることです。
形見分けは様々な家庭で行なわれるごく一般的な風習ですが、形見分けをする際に注意する必要がある場合もあります。それは、故人の借金などが原因で相続放棄の手続きを行なう場合です。相続放棄を行なうにもかかわらず、限度を超える形見分けをした場合には相続放棄を行なわず単純承認を行ない、相続することにしたと見なされてしまうためです。少々厄介な法律ですが、この単純承認したと見なされてしまう理由のことを単純承認事由といいます。基本的に、交換価値のない物や、わずかな物を形見分けすることは単純承認事由にあたりませんが、それ以上のものを形見分けした場合(たとえば、衣服をすべて持ち去った場合)には単純承認事由にあたるとされています。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

小川昌宏法律事務所が提供する基礎知識と事例

  • 企業法務 弁護士企業法務 弁護士

    当法律事務所では、各種契約書の作成・チェック等やコンプライアンス対...

  • みなし相続財産みなし相続財産

    みなし相続財産とは、相続人の死亡を原因として発生する相続財産のことです。

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、相続が開始する前に相続人が死亡している場合にその相続...

  • 遺産分割協議書 預金遺産分割協議書 預金

    銀行などで預金を被相続人から相続人へ移動する際には、基本的には遺産...

  • 企業法務企業法務

    企業法務とは、企業法務の仕事としてまず挙げられるのは、法的トラブル...

  • 遺産相続 確定申告遺産相続 確定申告

    当事務所では、相続人同士での遺産分割の調整のサポートや、税理士と連...

  • 死因贈与死因贈与

    死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力を生じる贈与のことをいいます

  • 離婚協議書 公正証書離婚協議書 公正証書

    離婚協議で合意に達した場合は、離婚の際の条件や慰謝料、養育費などに...

  • 遺産分割協議書遺産分割協議書

    遺産分割協議書とは、遺産相続の際に遺産分割協議を行ない、決まった相...

| 足立区 | 荒川区 | 板橋区 | 江戸川区 | 大田区 | 葛飾区 | 北区 | 江東区 | 品川区 | 渋谷区 | 新宿区 | 杉並区 |

| 墨田区 | 世田谷区 | 台東区 | 中央区 | 千代田区 | 豊島区 | 中野区 | 練馬区 | 文京区 | 港区 | 目黒区 |

形見分け|小川昌宏法律事務所(東京都港区/新橋)

ページトップへ